2014.10.13

(facebookより)
 昨日は午後,中・高時代の同級生2名+特に同級生ではない2名と国立(くにたち)で会った. とても久しぶりに「ナジャ」という喫茶店にて.
 自分は当時(35年ほど前)よりも,ますますしゃべるのが下手になり,そうしてどうにも昔話(というか思い出話というか)についていけず. 理由は単純で,そんな昔の出来事をまるっきり覚えていないからなのであった.
 当然当時の同級生たちの名前も,その殆どは覚えておらず. 「あんな事があった」「誰々がこんなことを」といった話しの95%くらいには着いて行けず,なんとなく申し訳ない気分になったり,懐かしいという感情を持てる同級生達を少し羨ましく思ったりした.

 わざわざ重い思いをして持ってきてくれた高校の時の卒業アルバムで,自分の卒業時の全員の集合写真をまじまじと見たのだが,そもそも自分を見つけられなかった.
 仕方ないので,写真の下に書かれている名前(n列目:誰それなんて書いてあるやつ)の中から自分の名前を探し出し,それから列を数えて,そうしてようやく自分を見つけたのであった.

 自転車で行った国立(くにたち)からの帰りは,いつものお約束で多摩蘭坂を上った. 以前に書いた通り,あそこを通るとどうしたって「♪いいことばかりはありゃしねぇ〜」と頭の中で清志郎が歌い出して,そのあと一日くらいは”今日の歌”となる.

 ♪ 何も変わっちゃいない事に 気がついて 坂の途中で 立ち止まる

(写真と本文は関係ありません)

雪の夜

 「え?何を撮ってるのかって?」

 「神の気配を撮ってんのさ」

 「これでもクリスチャンなもんでね」

バスは動かず吉祥寺には行けず(笑)

 結局昨日はバスが動かず,吉祥寺には行けなかった. 昨日のブログにも載せた通りあの雪の中で深夜に運行してたバスが運休ということは,バスそのものではなく道路事情の方に問題があったのかも知れない.

 雪のたびに写真を撮って飽きないのか?と思われるかもしれないが,全く飽きない. ましてや観測史上云々といわれるような降雪だったわけで,それは深夜に近所の公園へ撮りに行くしかないだろう. 雪のおかげで,なかなか使い出せなかったフィルムカメラも少しずつ使えるようになってきた.(これは心の持ちようの問題なだけだけど)

 あとは,再び現像ができるようになれば良いのだけど.

深夜バス

 近所の公園まで歩いて行って,帰れるのか心配になっていた様な時間帯(Exif情報によると23:50過ぎ). 突然バスが現れて驚いて撮った一枚. ピントもなにもあったもんじゃないけど,バス好きとしては撮らなくては.

 写真じゃわからないけれど結構お客さんも乗っていて,金曜日の夜,みなさまお疲れ様でした.

 昨晩のあの雪の中でも走っていたバスなんだけど,今日は朝から全面運休で,ようやく午後3時頃から動き出した. 夜,吉祥寺へ行く予定があるんだけど,果たしてバスは動いているのだろうか・・・. 行けないかも.(調べてみたらいまのところ動いてません:笑)