2014.11.02

(Facebookより)

 今日は突然思いついて,日影沢林道方面へ走ってみた. 多摩川沿いのサイクリングロードを途中まで走って,浅川沿いのサイクリングロードに移動し,そこからノタノタと走ってまずは高尾まで.

 高尾駅まで2時間で行けるかと思ったんだけど,残念2時間10分掛かってしまった. その後は中央高速沿いの道を走って日影沢林道入口まではわりとすぐだった.

 下調べによると,基本的に狭いけど砂利かコンクリートで少し舗装された様な道の様で,ある程度は自転車に乗って登っていけそうで,そのまま進むと小仏城山の山頂の茶屋まで行ける.

 しかし,出発時間が遅かったので帰りに真っ暗になってしまうのが嫌だったので,タイムリミットを14時の設定. 登れるか?と思ったんだけど,斜度はそれなりにキツイうえに大きな砂利が常に濡れている様な林道なので,太めのスリックタイヤはトルクを掛けると滑りまくって全然前に進まない. 登り始めにある日影沢キャンプ場の横を走る頃にはすっかり気持ちが萎えてしまい,タラタラと押して上りました.

 途中乗車したり降りて押したりを繰り返しているうちにあえなく14時のリミットになってしまったので(ここまでで3時間掛かっているので,単純に計算すると17時帰宅になってしまう),諦めてUターン. 今度は斜度のある濡れた砂利の林道を下る事に. これがまた滑りまくるのでキツイ.

 前も書いたけど,自分のMTBはストリート向けにカスタマイズしてあって,ハンドルは極限まで切り詰めてある. これが災いして,砂利道で滑りまくる自転車を押さえこんで,バランスを取るのが少し難しい.

 林道を走るつもりなら,ちゃんとMTB用の幅広のハンドルと,ブロックタイヤは必須だと判った. ストリートはロードかピストということにして,MTBはやはり林道用の正しい姿に戻すべきかと思案中.

 帰りは高尾から多摩川近くまでは,川沿いではなく20号の路肩を走った. 高尾周辺は道幅も広く,自転車でも走りやすい. ここでかなりタイムを稼げた事もあって,帰宅は16時30分くらい. 今日は5時間半くらいの行程だった.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です