2014.11.14

(Facebookより)

 今日もピスト. フラフラとあちこちの駅を繋ぐ感じで走ってみたんだけど,ある駅ではちょうど終電だったみたいで,駅員さんがシャッターを下ろしていた.

 それにしてもかなり寒い. 問題はグローブで,3シーズンっぽいグローブはさすがに厳しい. 以前持っていた,いわゆるウインドブレーク系のグローブが必須な季節になってきてた.

 耳は,やっぱり10年くらい前に買った180sというイヤーウォーマーがまだ使えた.(ってくらいボロボロ:笑) ネックウォーマーで長めで鼻まで覆えるヤツがあれば,まぁ冬もそこらをフラッと走るくらいだったら大丈夫かな. あ,でも実は足先も冷えるんでシューズカバーもあるとホントはいいんだろうけれど,実はシューズカバーまでは使ったこと無いです.

 いちど18Tのフリーのコグに付け替えてみたんだけど,どうにも物足りない感じがして,結局固定に戻してしまった. ロードはもう手放すつもり. ピストで世話になった自転車屋さんに持って行こうと思ってます. でもせっかくなので,手組みのホイールだけは残そうかな.

 それで,余裕ができたら,フロントシングルでリアはまぁせいぜい8sくらいののんびり自転車を一台組んでみたい. ブレーキレバーが重たいのは嫌なので,Wレバーにして・・・まぁ,そんなことを考えています.

 写真は上に書いた内容とは全く関係無い,先日ちょっと外出した時のもの. 一番目の写真は,一の橋から飯倉片町のところの上り坂なんだけど,あの坂は3回転のギアじゃオレには登れないだろうなぁ・・・.

2014.11.12

(Facebookより)

 すっかり冬じゃないですか,夜は!

 さっき,走りに出たんだけど,暑いかと思ってTシャツの上に10年以上前から持ってるパールイズミのウィンドウブレークジャージを羽織って出たら,結構寒かった. しかも耳も冷たく痛くなるし,見上げれば月明かりが妙に眩しいうえに,すっかりオリオン座だし.

 それであまりの寒さにメゲて,最短コースを一周だけ走って帰ってきてしまいました. 凹・・・.

 ピストのポジションは連日の対腰痛調整のお陰で,まぁこんなもんでしょうというところまできました. 全然前傾してないところが,良い感じです.(腰には) しかし,チューブラーを数年交換してないので,ちょっと(いやかなり)ヤバい気がする. チューブラータイヤ交換するの面倒なんだよね,買うのも高いし. しかしヤバイ気はする・・・どうしよう.

 久しぶりに連日ピストに乗り始めて少しずつ慣れてきた. 街乗りならこれでいいのかな.キツイ坂さえ無ければ.(笑)
 もう一枚の写真は,先日日影林道へ行った帰り(だったかな)に撮ったもの. 何となくデスクトップにあったので,ついでにアップ.

2014.11.06

(Facebookより)

 そんなわけで,MTBを自転車屋さんに預けてきました. 明日にはできてるとのこと.週末は別件あるにつき遠出はNGなので,威力を試すのは少し先になりそうですが.

 帰りは徒歩. 久しぶりに吉祥寺からジブリの方へ歩きました.(震災前までは簡単な事務所が吉祥寺にあったんです.) ジブリは工事中.

2014.11.04

 林道に行こうと思った時から,こうなるんじゃないかと思ってはいたんですよ.

 先日日影沢林道(正式名称はちょっと分からず?)に出かけてみた事は書いたんですが,スリックタイヤでは上りも下りも滑りまくって超怖いし,ハンドルの狭さもまずい様な気がしたもんで,MTBをOHしてもらった吉祥寺の風魔プラス1さんへ再びおじゃましました.

 で,林道へ行ってみた件と,タイヤとハンドルの話しをしてみたところ,「そのタイヤじゃダメですよね,滑りますよね.」(ニコニコ)というご反応. ハンドルも「最近はどんどん幅広になってますね.特に下りが違いますかね.」(ニコニコ)という感じでニコニコ攻撃にやられ,結局パーツを選択してハンドルとタイヤを交換してもらうことにしました.

 もっとも,あくまでも「お遊びとしての林道」というランク. どのジャンルもそうですが,上を見るとキリがないし,そもそも本気になるならフレームからってことになってしまいそうな予感がしたので,そこは大人の判断で踏みとどまりました.

 これまでとは10cm以上異なるハンドル幅がどんなものか?を感じ取るために,ちょっと乗せてもらった自転車が(ハンドル幅はともかく)全体的にめちゃくちゃに軽くてびっくりしました. ダウンヒル用ということだったんだけど,そんな重装備な自転車に全然見えない.

 こーゆーのものいいなーと一瞬思ったんですが,一瞬だけです.(笑) 軽くて細身のフレームにゴツいタイヤと幅広のハンドルってのもえらくカッコよかった.

 で,帰りに東の空に浮かんでいた朧月と,工事中の旧市場等を撮って帰ってきました. ホントは市の施設で自分が一番好きなゴミ処理場の煙突の写真をたくさん撮ったんですが,どうにも好きな感じに撮れなかったので,これはまた次回. 今日は12kmくらいだと思います. あー,メーター壊れたままだった.

2014.11.02

(Facebookより)

 今日は突然思いついて,日影沢林道方面へ走ってみた. 多摩川沿いのサイクリングロードを途中まで走って,浅川沿いのサイクリングロードに移動し,そこからノタノタと走ってまずは高尾まで.

 高尾駅まで2時間で行けるかと思ったんだけど,残念2時間10分掛かってしまった. その後は中央高速沿いの道を走って日影沢林道入口まではわりとすぐだった.

 下調べによると,基本的に狭いけど砂利かコンクリートで少し舗装された様な道の様で,ある程度は自転車に乗って登っていけそうで,そのまま進むと小仏城山の山頂の茶屋まで行ける.

 しかし,出発時間が遅かったので帰りに真っ暗になってしまうのが嫌だったので,タイムリミットを14時の設定. 登れるか?と思ったんだけど,斜度はそれなりにキツイうえに大きな砂利が常に濡れている様な林道なので,太めのスリックタイヤはトルクを掛けると滑りまくって全然前に進まない. 登り始めにある日影沢キャンプ場の横を走る頃にはすっかり気持ちが萎えてしまい,タラタラと押して上りました.

 途中乗車したり降りて押したりを繰り返しているうちにあえなく14時のリミットになってしまったので(ここまでで3時間掛かっているので,単純に計算すると17時帰宅になってしまう),諦めてUターン. 今度は斜度のある濡れた砂利の林道を下る事に. これがまた滑りまくるのでキツイ.

 前も書いたけど,自分のMTBはストリート向けにカスタマイズしてあって,ハンドルは極限まで切り詰めてある. これが災いして,砂利道で滑りまくる自転車を押さえこんで,バランスを取るのが少し難しい.

 林道を走るつもりなら,ちゃんとMTB用の幅広のハンドルと,ブロックタイヤは必須だと判った. ストリートはロードかピストということにして,MTBはやはり林道用の正しい姿に戻すべきかと思案中.

 帰りは高尾から多摩川近くまでは,川沿いではなく20号の路肩を走った. 高尾周辺は道幅も広く,自転車でも走りやすい. ここでかなりタイムを稼げた事もあって,帰宅は16時30分くらい. 今日は5時間半くらいの行程だった.