さくらの月

4月初旬のソメイヨシノ

4月末の八重桜

 著作権法上,このサイトに載せる事は出来ないが,金子光晴という詩人の晩年の「さくらふぶき」という詩(詩集「若葉のうた」に収められている)が好きすぎて,毎年春になるとリー・フリードランダーの桜狩りと共に詩集のページをめくってみたりする.(合法ではないが全文載せているサイトもあるので,検索してみてください.)

 東京の桜は八重ももう終わり,はなびらの絨毯. 今回の福島行きで,夏井川千本桜を見そこねた事が悔やまれる. 来年こそは!

カテゴリーM8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です