桑の剪定@南相馬市小高区

 今回は小高で桑の剪定を少しだけ手伝ってきました. 微妙に前かがみになる必要があるので,腰痛持ちの50男には少々ハードルが高かったです.(泣)しかも午前4時に東京を出発して6時間運転してそのまま作業突入だったので.(言い訳) 写真は午前の部が一段落した時の様子. 何故に桑の剪定?という件に関してはこちらのブログに少し載ってます.

 桑畑をお借りしました!

 自分は完全に素人なわけで,「はて,このくらいで切って良いのかな?」とか「なんだか,この若芽がもったいない様な」とか「おわっ毛虫!退治じゃ退治じゃ」などとやっていて,自分が一株剪定し終わる頃にはプロの方は五株は終わらせてました. ので,たいしたお手伝いにもならず・・・.orz

 しかし,畑の桑の木って,あぁなってたんですな.初めて見ました. そういえば,一緒に手伝った方が一本大きくなった木を指して「桑も普通に育つとこうなるんですか?」と農家の方に伺ったところ「いや,そりゃ柿です.」(笑)

 桑畑から道路を隔てた海の方はこの様な感じ. 「以前は海なんか見えなかったんだけどな」とは農家の方のお話し.

 その後,仮設住宅の自治会長さんのお話を少しだけ伺う機会があって,やはり深刻なのは孤独死(自死含む). 会長さんのところはいろいろと工夫していて,地主さんと相談のうえで仮設の中に公園を整備してしかもヤギがいるとか(?). それでも特に男性は,集う事がなかなか出来ず,一人引きこもってしまう方も中にはいらっしゃるとのこと. 「集う事ができずに引きこもってしまう」方の気持ちはなんとなく判るというか,まさにそれは「近い将来のオレ」だといつも感じていて,別に皆の事を嫌いでもなんでも無いんだけれど,集って何かを一緒にやる・・・ということが出来ない. 十年後くらいの自分に対して,今の自分は何かできることはないか?という問いかけなのだと,いつも思って話を聞いている.

 桑畑の奥の桜. 来月末の訪問が今から楽しみで仕方ない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です