銀座へ行った

 とはいっても,ティファニーやシャネルに行ったわけではなく,行き先はニコンサロン. ワークショップ同期のアラカワ氏(本名不詳:ペンネームだそうです:笑)が1/30から展示をしていて昨日はパーティだったのだ. アラカワ氏は相変わらず飄々としていたが,最後の挨拶が良かった.

 展示された写真の中ではテニスコートの写真が一番好きで,The Great Jazz Trio の名盤「At the Village Vanguard」のジャケットを彷彿とさせる様な写真だった. もっともアラカワ氏の写真はかなり黒い.

 The Great Jazz Trioといえば,当時自分としてはベストドラマーだと思っていたトニー・ウィリアムスを思い出す. 夭折した天才ドラマーだとずっと思っていたが今の自分よりも年上の51歳で亡くなっていた.でもやっぱり若過ぎる.残念だった.

 と脱線したところで,パーティの二次会で春に同じ銀座ニコンサロンが決まっている某嬢が,プリントする時にピントを確認していないという話題で大いに盛り上がった.(正確には暗室に入って,最初に一回ピントを確認し,以降はカットを換えた時もピントを確認していないとのこと) 露光毎に確認することはないが,それでもカットを換えたら微妙に動くし,フォコマートでもなければピントはずれると思うのだが・・・.

 「f5.6でずっと焼いていたのだが,先生にf8にしなさいと言われた」との事. 「焼きのピントが甘くてもニコンは通る」とはW氏の名言.

 帰りは始発に乗ろうと思って,銀座から東京駅まで歩き,いつもの91段の階段を上って(座れはしなかったけれど)中央線に乗って帰った. バスはもうないので,武蔵境駅から西武多摩川線に乗ろうと思ったら出発まで20分以上あるという. そんなにホームで待つのは嫌だなぁと思って,次の駅まで歩こうと思って歩き出したら途中で間に合わない事が発覚(笑). 仕方ないので,結局50分かけて家まで歩いて帰った.

東京駅近く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です