鉛筆キャップ

 まだまだ鉛筆の話題は続くのである.(笑)

 最近は鉛筆キャップで迷っている. 鉛筆の難点の一つは持ち運びで,どうしてもキャップを必要とする. とりあえず今のところは以前に気の迷いから買ってしまったファーバーカステルのパーフェクトペンシルUFOという廉価版パーフェクトペンシルのキャップを使っているのだが,これでは一本しか持ち運びできない. さすがにこれを複数買う気は無いわけで,目下最大の検討ポイントは鉛筆のキャップなんである.

 プラ製か,アルマイト(?)製の昔からよく見かける鉛筆キャップという選択肢は確かにあると思うが,さすがに単なるプラスティックやアルマイトでは潤いが無い. かといって,キャラクタを乗せた鉛筆キャップを大人が持ち歩くというのも如何なものか.

 などと検討を重ねていったところ,革製,もしくは,木製に落ち着きつつあったのだが,しかし一つ1,500円とかするのである. 3つも買えば,革製でいい感じのペンケースが買えてしまうじゃないか. っていうか,鉛筆キャップ一つで1,500円とかっ! などと,考えていくと,キャップ自体はアルマイト製の本当に普通のものを幾つか買っておいて,ペンケースを持ち歩くというあたりが落とし所なのかも知れない.

 知りあいのデザイナが作っていた木製の筆箱を一つ持っているのだが,中にペンを入れて持ち歩いていると「カチャッ,カチャッ」とずっと音がしているのである. それもまた悪くないのだが,なんとなく持ち歩かなくなってしまった. サイトを見てみたら,当時からあったペン立ては未だあるのだが,筆箱が見当たらない. どうやら作るのを止めてしまったのかもしれない. 久しぶりに持ち出してみるかな.

 今日も夕方に近所のパン屋まで出かけて,カレーパンを二つ(これは子供用)とカンパーニュを一つ買ってきた. 近所とは言っても片道3kmくらいあるので,往復1時間強といったところか. 実際には写真を撮ったりして横道に逸れているので1時間半くらいは掛かっているのでは無いだろうか. 月曜日に行って見たらお休みだったのはちょっとショックだった.(笑)

 実はさらにもう1km弱くらい遠くのパン屋に行ってみたのだが,本当に街中のパン屋さんで,夕方に行ったらもう商品が殆ど無かったのであった. 残念. もう少し早く行かないとダメらしい.


調布飛行場

一日外出の日

 昨日は一日外出の日だった.

 吉祥寺で友人夫妻と久しぶりに会って旧交を暖め,新宿で一件,その後渋谷で一件. 最後は恵比寿で食事してから写真を展示しているバーへ行った.

 途中,新宿の打ち合わせが予定よりも早く終わり,渋谷の打ち合わせまで時間がかなり空いてしまった. そこで,久しぶりに都内を歩いてみる事にして,明治通りに沿って新宿から渋谷までトコトコと歩いた. フィルムカメラを持っていたし,途中でいろいろ写真を撮れるかもと思ったんだけど,あまり撮りたいものが見つからない様な気がして結局iPhoneでお茶を濁した様な写真を数枚撮って終わり.

 何故かは判らないが,こんな日もある.

成城石井でティーバッグを買った

 新しいレンズと新しい(古いけど)ボディを手に入れたので,ずっとフィルムで撮っていてデジタルはお休みしてしまっていたので,こちらのブログは全く更新されてなかった. すんません.

 特に書く事も無いんだけど,写真友達がティーバッグを買った話をFacebookだかに書いていて,気になったので自分も買ってみた. 紅茶好きの方には申し訳ないが,自分には十二分に良い買い物だった.まぁまぁ安かったし.

 少し残念な事といえば,自分は事故以来嗅覚が若干怪しいので,「ほのかな香り」といったものが全く判らないということくらい. もっとも,40P で 500円のディーバッグに紅茶の香りを求めてはいけないのかも知れないけど.

 iPhoneで写真を撮ると,シャッタースピードを稼ぐためにどんどんISOを上げてしまうので,結果として何が写ってるのかさっぱり判らない様な写真になってしまう. そんなにISOを上げなくても良いのに,と思うのだが,どこかで制御できるんだろうか? と思ったりはするが,積極的に調べる気も無くて,書いてるだけ.

今日の鳥は油断気味

 いつもはこんな距離にはいないのだが,土手が雪に覆われてしまいエサを食べられる場所が極端に減ってしまったせいなのか,近寄っても逃げなかった. もっと足もとまで近づいてきたりしていた. カモはいつも通り.(笑)

 もっとたくさん雪だるまがあるかと思ったけど,一つだけだった. 自分は子どもの頃から二玉の雪だるまを見慣れているんだけど,30年ほど前に大学の留学生達がが雪にコーフンして作った雪だるまが当たり前の様に三玉だったことに感動した覚えがある.

 と思って画像検索してみたら,どんなときでも三玉という訳でも無いようだ.

三鷹市

3Bでも濃かった(鉛筆の話)

 家で使っている時は2Bではやや薄く感じるので3Bを愛用している. なので,今日の打ち合わせにも3Bの鉛筆を持って行ったのだが,書いているうちにどんどん丸まっていってしまい,途中でどうしようも無くなってしまって,またもやむなくシャープペンシルにバトンタッチすることとなった.(こういう時に限って鉛筆削りを持って行っていない)

 あの感じならば,打ち合わせに出る時は2Bの方が良いのではないか?と思われるのだが,使っているノートまで同じ(つまり紙も当然同じ)なのにこの違いは何なのだろう. やっぱり,打ち合わせで外に出ていると,自然と力が入って筆圧が上がっているということなのだろうか?

 駅からバスに乗って帰ってきたのだが,あんなに混んだバスに乗ったことが無いくらいで,あまりにも辛かったので途中で降りて残りは歩いて帰ってきた. 一見雪かきされているように見えても,表面に薄く残っていてそれが凍っていたりするととても危ないので,むしろ,雪が積もってるところを狙って歩いた. でも明日〜明後日くらいになっていくと,だんだん凍ってしまってそういう所も歩きにくくなってしまうのだろう. 一週間くらいは不便な日が続くらしい.

雪の東京