少しは大晦日らしいことを

 少しは大晦日らしいことを書こうかと思ったんだが,なにせ普段通りに過ごしながら仕事をしているので,特別な何かがあるわけでもなかった. それでも,夕方にデジカメを持って,小一時間写真を撮りに出かけられたのだから区切りの一日としては良い日だった.

 何か来年に向けて抱負があるわけでもなく,日々を淡々と過ごすのみだ等と気取ってはみたものの,直近の数週間が自分にはちょっと荷が重いかもというくらいのボリュームかも知れず,やっぱり今週一週間が勝負だな,等と考えてしまうのは「翌朝の午前10時までは今日なのです!」と言い張る日常とあまり変わりは無いようだ.(笑)

三鷹

撮影スポット

 新年になると,路駐禁止の道路にどうどうとでかい車を停めて,大砲みたいなレンズをつけたカメラを三脚に載せて,折り畳み椅子にドッカリと腰を落ち着けて,くわえタバコを燻らせながら吸い殻は足下でもみ消しつつ,沈む夕日を撮りに来る人たちが集まる場所がある. 自分は写真は大好きだけれど,ああいう大人にならない様に,ほんとに気をつけなくちゃな,と思う.

 さっき,ちょっと行ってみたら年末はそんな事はなくて,コンデジをぶら下げた人達が5人くらいいて,やっぱり沈む夕日に向かってシャッターを切っていた. 今日のみんなが,満足のいく写真が撮れていたならいいな. どうやら,年末の方がずいぶんと幸せな感じだった. 明日は近寄らない様にしよう.

ピザ食べ放題

 自分が中学生の時には,ピザという食べ物は今ほどに一般的なものでは無かったと思うが,クラスの誰かが吉祥寺にピザ屋さんが出来て,しかも固定料金で食べ放題(全く記憶に無いが,やっぱり1,000円くらいだった気がする)があるから行かないか?という. もちろん,中学生ごときがピザに1,000円ほいほい出せるはずもなく,おそらくは親に頼み込んでお小遣いをもらって出かけたんだと思う.

 たしか6〜7人で行ったのだが,いつのまにか最も食べられなかったヤツが全員のジュース代を持つという話になった. 全員分といえば,どう安く見積もっても+1,000円〜1,500円は余分に掛かる事になるのだが,もちろん自分のポケットにはそんな金は無かった. 自分が通っていた中学校は私立で金銭的にある程度余裕のある家庭がやはり多かったためか,面白いからそうしようと言う流れになってしまった.

 流れがこうなってしまった以上,なんとしてもビリになる訳にはいかない(何しろ金が無い). 当時から小さかった(しかも当時は痩せていた.笑)自分は,必死に食べてなんとかビリを逃れる事が出来た. もちろん無理矢理食べているのでジュースを飲む余裕など誰にも無く,結局ビリ=ジュースという事にはならずに終わったと記憶している.(もしかしたら,記憶が改竄されているかも知れないが)

 ただ,あまりにも無理をして食べたので,冗談でも何でも無く,その後高校を卒業するくらいまでの間トマト+チーズという組み合わせの食べ物を食べたくなくなってしまい,次にピザを食べたのは大学に入ってしばらく経ってからだったと思う.

 で,写真はまさにその店で,未だにあるとは少し感慨深いが,あの地下へ降りる階段入り口のショーケースに並んだピザは今でもあまり見たくない.(笑) もちろん,シェーキーズに恨みがある訳では無いけれど.

吉祥寺

タクシー待ちの行列から

 昨日はとうとう念願の”忘年会”を執り行うことができ,自分にしては散々飲み食いしておしゃべりもして楽しかった.

 干物のアタマのところがカリカリして美味しいのでハシと左手でバラしていたら,カマスのスルドイ歯で親指を刺してしまって血が・・・.w ちょっと浮かれすぎた.

 1年ぶりくらいでタクシーの列に並びながら,駅前のイルミネーションをiPhoneで撮ったりしながら帰ってきた. 仕事もなんとか一段落して,もちろん年末年始も関係無くやることは山積みなので,粛々と消化していくにしても,ものすごく久しぶりに熟睡できた. 「あ〜あれをやらなくちゃ」とか「あっちはどうすればいいんだろう」とか何も考えないで寝られるっていうのは幸せだ.

 で,今日も午前中はボヨヨンとしたままで過ごし,午後になってからようやく少しエンジンが暖まってきて再び仕事モードに. 要するに昨日の夜が自分にとっての大晦日で,今日の午前中が正月休みみたいなものだった様だ. あとは,1/1に天皇杯サッカーをTV観戦するくらいかと.

 って,仕事モードに入っていたんだが,何気なく居間のテレビをつけたら天皇杯の準決勝をやっていて動けなくなってしまった. う〜ん,夜から本気だす!(笑)


武蔵境駅

念願の忘年会(か?)

 まだ予断を許しませんが,もしかしたらなんとかこのド年末にハマり状態から少しだけ抜け出して,人並みに忘年会でも出来そうな予感が・・・予感がします・・・(© 火星人カセイジン) 今から明日(いや,今日だが)が本当に楽しみだ.

 今日も(いや,昨日・・・ってしつこい)少しだけ打ち合わせに出かけなくてはならず,東京駅まで行ってきた(写真を見れば分かりますね). 自分は中央線一本で東京駅に向かうのだが,(東京駅に向かって)先頭車両に乗ってホームの端の階段を丸の内南口に降りていくのが好きなのだ. 中央線は以前の改修の時に一段高い場所にホームが移されたので,エスカレータで改札に向かう人が大半で,この階段は基本的に空いているのが良い.

 帰りもこの階段(上り始めのところに「91段あるので,無理をしないでエスカレータかエレベータを使って」と張り紙がしてある)をノコノコと「91段」上がっていくのだが,私が東京駅を使う様な時間帯だと,この階段の途中で人とすれ違う事が殆ど無い. この階段を発見できた時は本当にうれしかった.足腰が無事なうちは東京駅ではここを利用しようと思う.

 この階段の話を書いていて思い出したのだが,実は吉祥寺駅からヨドバシカメラへ向かうのもメインの改札からメインストリートというルートではなく,ホームの端の階段からマイナな「アトレ東館」の中へ出る改札を通って北側の出口からそのまま裏道を歩いていくと,あまり人とすれ違わないでヨドバシの裏まで行けるのだ. 昔はこのあたりは「近鉄裏」と呼ばれ,ピンク的で暴力的な雰囲気のエリアだったのだが,最近はまぁまぁ普通ではないだろうか.もちろん,そういう方面の店もきちんとある.

 そういえば,この近鉄裏エリアの,しかも結構ディープなビルの3階だか4階だかに,音楽の練習スタジオ兼ライブハウス(っていうか,スタジオに客入れただけ)があって,中学生だったり高校生だったりした頃は時々通っていた. 当時はノーウェーブ(なんて知らないよね?ノー・ニューヨークっていうアルバムがあった)にハマり,音楽なんだか雑音なんだか良くわからない演奏を繰り広げていて,ライブとかもやったんだけどもちろん客なんか来るはずがないので,対バンのメンツが聴いてる様な聴いてない様なといった感じだった.

 その不思議バンドのリーダーだったヤツは,今はさる雅楽の楽器の第一人者として活躍している. 本人の名誉のために楽器名は特に記さないでおこう.(笑)