2012.11.30

Happy birthday

 チャールズ・ミンガスというベーシストに捧げたジョニ・ミッチェルのアルバム「Mingus」の冒頭のトラックは「Happy Birthday」. もちろん,みなさんのよく知っている曲だが,二番があって「How old are you?」と歌っている. 曲中でチャールズ自身が54と歌うのだが奥さんのSueに1922年生まれだから53だと訂正されている様子が録音されている.(詳細はジョニ・ミッチェルのサイトにある)

 このアルバムの中でも出色の出来なのは二曲目の「God must be a boogie man」だと思う.ミンガスの自伝「Beneath The Underdog」の冒頭の節がほぼそのまま使われた詩になっていることを今回初めて知った. ジョニミッチェルのライブアルバム「Shadows and Light」にも収められているが,こちらも素晴らしい. もちろん,「Shadows and Light」自体が傑作なのだが.

 Happy Birthdayというタイトルではなくても,誕生日を歌った曲は世の中にたくさんあると思うが,いつも自分はこの演奏を思い出してしまう.

 チャールズ・ミンガスは当時既に筋萎縮性側索硬化症を煩い,1979年に56で亡くなっている.

三鷹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です